スポンサーリンク

借金地獄とクレジットカードの現金化、絶対に手を出すな

ギャンブル依存症

今回は一応前回の記事【ギャンブル依存症とキャッシング、そして借金地獄の流れ】の続きですが、出来るだけ前回の記事を読まなくても大丈夫なように書いていくつもりです。

ですが前回の記事を見ていない方は見て下さると私が嬉しいという、特に何かある訳ではありません。

そもそもクレジットカードの現金化ってなに?

クレジットカードには、ショッピング枠とキャッシング枠の二つの枠があり、ショッピング枠はネットショッピングでの買い物や、店舗で現金が足りない場合によく使われます。

そしてキャッシング枠はコンビニなどでのATMで現金を借りる事が出来るサービスです。

ギャンブル依存症にとってこのキャッシングが主な問題点になることは重々理解してる方がほとんどだと思いますが、その先にまだショッピング枠の現金化というまたもやギャンブル依存症者を狙ったサービスがあります。

ショッピング枠の現金化はその名の通り、一般的にはお支払いの際に、現金の代わりにカードで支払いを済ませ、後日返済するサービスで普通に考えれば現金に触れません。

ですが、換金率の高い物を購入し、その購入した物を売却することで手に入る現金の事をショッピング枠の現金化と言います。

カード会社は現金化を認めていない

クレジットカードの会社はこの行為を認めていません。

なので素人が換金率の高い金券や新幹線のチケットを大量購入すると、電話がかかってきます。

そしてカードの利用停止の上に現在借りている金額全てを一括ですぐに返済してくださいと言われます。

当たり前ですが、現金化に手を染める人が、現在利用している残りの返済額を一括で支払いなんてできません。

ですがカード会社の利用規約でも現金化の禁止を伝えています。

なので、カード会社からの要求は不当でもなく、現金化に手を染めた方の言い分は一切通らないと考えてもらっていいです。

ショッピング枠の現金化は国が認めている?

これは正直結果論や屁理屈に近いと私は考えています。

実はショッピング枠の現金化は違法ではない、要するに法律で決まってはいないんです。

なので逮捕される事はないのは今のところ事実です。

ですが、違法じゃないなら問題ない、そんなことはありません。

だって違法じゃなくても、カード会社のルールがダメと言ってるんです。

サービスを利用するならルールを守るのは当たり前で、SNSでもオンラインゲームでも、違反すれば削除や強制退会をくらっても、なんら不思議ではないですよね?

それと同じでカード会社がダメと言ってる以上、それを行えば利用停止は逃れられない訳です。

ずる賢い人間はなんでもする

違法じゃない、ならばなんでもする人間は居ます。

試しに、ショッピング枠 現金化で検索してみて下さい。

数多くの業者が出てきます。換金率や手数料無料や、色んな宣伝文句でお金の無い人からさらに毟り取ろうとする…正直良い感情は出てきません。

そしてこのような業者が謳うのが「クレジットカードの現金化は国が認めています」と言うのです。

確かに違法ではありませんが、違法でなければ認めていることになるんでしょうか?

法律家ではない私には何も言えませんが、認めてますとは答えてくれないでしょう。

カード会社にはバレません

カード会社は現金化を禁止しています。

バレればカードの利用停止、即返済の義務が待っています。

ただ素人が個人で行うとほぼ確実にバレますが、業者を利用すると絶対ではありませんが、バレません。

それがバレると業者としての信用がなくなるので、今回詳しくは語りませんが、ほぼバレないでしょう。

事実、クレジットカード現金化業者は実績を載せます。

ホームページには成功率100%と書かれていたり、利用者を安心させるような事を書いていますが、よく考えて下さい。

そもそもバレるバレないという話をしてる時点で良い事では確実にないのです。

クレジットカード現金化、最後の地獄

借金地獄だなんだとクレジットカードや、前回の記事では消費者金融だと語ってきましたが、行きつく先は何処なのかという話なんですが、皆さん借金の最後はなんだと思いますか?

当たり前ですが、完済です。借りた分を全て返済し、それを生業にしている会社には利息という形で利益が入ります。

では借金地獄でもう返済なんてどうにもならない、そんな方の行きつく先は債務整理です。

債務整理に種類がいくつかあります。

その中の最終地点が自己破産です。

これを行えばいくつか条件はあるものの、返済義務がなくなります。

はっきり言って褒められた手段ではないです、借りた物は返す、子供でも知っている当たり前のことです。

ですが、もう何をしてもどうやっても返済できない人はいます。

別にギャンブルが原因じゃなくとも病気やケガで働き口をなくしたり、そもそも自分の借金じゃなかったりと。

借金問題で最終的に行きつく先は自殺です。

苦しくて苦しくて仕方ないんです、悪いのは自分と分かっていてもどうしようもなく、大切な人と幸せな生活、友人との楽しい飲み会、育ててくれた両親への恩返し、熱中できる趣味への没頭。

こんな考え全て消え去り、全てがどう生きてどうお金を用意しようと思考が埋め尽くされます。

もうギャンブルにも逃げれない状態で、寝る事すら難しくなります。

そんな方への最終救済処置が自己破産です。

自己破産すらできない

自己破産には条件があります。

そして最終的に裁判官に認めてもらう事で、借金からの苦しみから解放されます。

勿論家や車があれば没収されますが、最低限の生活費などは保証され、返済義務が消滅し、反省をして、次からは社会へ貢献しつつ同じ過ちを二度と繰り返さないと心に誓ってまたやり直すことが出来ます。

ですが、問題なのはここからです、自己破産の条件でギャンブルは認められない可能性もあるのですが、絶対ではありません。

実際ギャンブルで借金を作り、結果自己破産した方は結構います。

ですがこれにクレジットカードの現金化など禁止されている事まで行い悪質と判断されれば、自己破産すらできなくなるのです。

クレジットカードの会社は知っているはず

お金を貸す側としては、自己破産をされると赤字です、貸して得られるはずだった利益が全て消滅するから当たり前です。

そしてカード会社はショッピング枠の現金化業者の存在も勿論知っています。

では何故争いにならないのか、現金化することで自己破産される確率がガクッと下がるからです。

正直にお話すると、これはあくまで私の考えで絶対とはいえません。

ですが、他のサービスを利用し、そのサービスの規約違反を進めるような事は裁判になってもおかしくありません。

ですが、クレジットカード会社と現金化業者は、裏で繋がっているとまでは言えませんが、共存しているのは事実です。

実際にカード会社は利用履歴が分かります。

破産申請をした人の中で現金化した事のある人の利用履歴を追えばすぐに分かることなのです。

まとめ

また長くなってしまいましたが、遠くないうちにクレジットカードの現金化についてまた書きたいと思います。

理由はただただ知ってもらいたいから、別に借金なんてない人でも知識として覚えておいてほしいのです。

もしギャンブル依存症の方がいれば伝えてあげて下さい。

そして今お金に苦しんでいる方も、クレジットカードの現金化には手を出さないでください。

例え国が認めても、裁判官は認めてくれません。

閲覧ありがとうございました。よければ他の記事も見て行って下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました