スポンサーリンク

ギャンブル依存症者の家族、友人、恋人はどう向き合うべきか

ギャンブル依存症

貴方の周りにはギャンブルをされる方はいらっしゃいますか?

適度なギャンブルへの遊戯はそこまで気にしないかもしれませんが、気付けばギャンブル依存症といわれるぐらいまで、のめり込む方がいらっしゃるのも事実。

そしてそれは実際にギャンブルを行ってみないとわかりません。

そしてギャンブルにのめり込んだ結果、依存症という精神疾患、病気にかかり、自分を制御出来ないようになり、孤独、借金、自殺など本当に辛い状況に陥る方も後を絶ちません。

そしてそんな方が貴方の近くにいる場合どう向き合えばいいのか。

今回は元ギャンブル依存症になり、借金を抱え、落ちるところまで落ちた私の考えを元にお話していこうと思います。

ギャンブル依存症について

ギャンブル依存症の方と向き合うには、まずギャンブル依存症を知りましょう。

そもそも依存症とは居ますが、ギャンブルが無いと生きていけないとか、ギャンブルに行かないと狂ってしまうなんて事はありません。

ほとんどの方はギャンブル依存症を自覚したら辞めたいと思うのです。

なのに辞めれないから病気認定されている訳で、間違っても「じゃあ辞めればいいじゃん」なんて思わないでください。

実際経験した私の当時の思考は、生活がなりたたない所までお金を失っても、何とかお金を用意し、そのお金でギャンブルに行きます。

そのお金で生活を成り立たせようとは思っても、実行できないのです。

理解してもらえないが本当に辛い

行ってはいけないと理解はしていても脳内で都合のいいように変換され、結局は向かってしまい、お金が増えればその他の思考は吹き飛び、行ってよかったと考え、負ければ辞めなければという思考になれど、結局は行ってしまう無限ループ状態がギャンブル依存症です。

実際この行動内容をギャンブルを行わない人にお話しした事はありますが、理解は勿論してもらえません。

持っていたお金を全て失い、車の中で頭を押さえ、泣きそうになっていた事もあります。

感情が爆発し物に当たった事もあります。

汚い言葉を叫び散らしたこともあります。

でも辞めれないんです。

私も今思えば辞めればいいと、行かなければいいと考えますが、当人たちにそれは、何らかのキッカケか、強制的に行けない状況にするしか方法はないんじゃないかと未だに思います。

家族がギャンブル依存症の場合

家族に関して、伴侶は恋人の章でお話いたします。

ここでの家族は両親もしくは子供、その他血縁関係の場合です。

家族が依存症の場合、依存症者相手にどの立場でも言える事ですが、まず自分に被害がないように努めて下さい。

ギャンブル依存症の方の酷いときのメンタル状況は、もう全てがどうなってもいいと自己破壊衝動に襲われたりもします。

この自己破壊衝動は、自分の身体だけでなく、他人との関係性や、他人への被害も一切関係なく全てがどうでもよくなります。

なので第一優先で貴方に被害が届かないように努めて下さい。

それでも切れないのが家族

貴方との関係性は私には分かりませんが、家族であれば切っても切れない何かがあるでしょう。

切りたくても切れない感情があるでしょう。

だからこそどうしていいか分からないですよね?

私も過去家族、友人、恋人に向けた負の感情に未だに後悔します。

直接的な原因がギャンブルでなくとも、ギャンブルが原因で受けた精神的負荷は、時間か別の何かで発散させないと耐えれません。

身近な家族はその対象になりやすいでしょう。

具体的な家族の対処方

はっきり言ってギャンブル依存症には特効薬は存在しません。

ですが病気です、治ります。

ただし、ギャンブル依存症は確実に本人が望んでいないとどうにもなりません。

まずは、本人とじっくり話をしましょう。

辞めたいと思っているのか、どうしたいのか。

そして求めた答えが出て来ない場合はまだ時間がかかるでしょう。

「関係ない」、「ほっといてくれ」、ギャンブル依存症は閉鎖的になりやすいので、ご家族がギャンブルについて話すと、こう言う言葉は出てきやすいです。

この場合は助ける準備をする段階と思っても構いません。

いつか確実に辞めたいと思うでしょう、お金と時間を失いストレスを受け続け、他人とも疎遠になって行くギャンブルを長期的に続けたいと思い続けるのは不可能です。

なので落ち着いているときには積極的に会話をしましょう。

いざ本当に耐えれなくなった時、間違いを犯す前に相談してくれるように、コミュニケーションはとっておきましょう。

ただし、繰り返しますが、家族に被害がないように努めて下さい。被害とは精神的にも物理的にもそうですが、お金的な被害も勿論です。

辞める努力も出来ていない人間に資金援助をしても永遠に繰り返しですので、辞めたいと思わせるためにもお金は貸さないようにしてください。

そして本当に辞めたいと、辛いと、苦しいと相談して来たときに一緒にギャンブル依存症という病気と闘ってあげて下さい。

友達が、親友が、仲間がギャンブル依存症

さてギャンブル依存症の方がご友人に居る方。

貴方のその人に対する感情はどういったものですか?

はっきり言って貴方の人生にとってそこまで大きな存在でないなら縁を切ってください。

家族や恋人に比べて、疎遠になりやすいギャンブル依存症者と縁は切りやすいでしょう?

正直言ってギャンブルを辞めるまではその方と居てもいい事はあまりないかもしれません。

基本的にお金がないので誘っても来ない上に、計画性もないので一か月後の約束なんて、その数日前にギャンブルで勝てるか負けるがで約束を守るか破るか変わります。

下手したらお金を貸してほしいと言ってきます。

一度貸せば、返した後に時間が経ってまた貸してほしいと言われます。

酷い人間なら返しません。

なのでその人が貴方にとって重要な人間でないなら離れて下さい。

それでも友達ならば

それでもその友人と関わりたい、助けたいと思うなら、まず貴方はその友人にギャンブルを辞めたいと思わせてください。

ギャンブル依存症は本人が本気で辞めたいと思ってからがスタートです。

精神疾患は基本的に本人は認めたがりません。

なので「最近行ってない」なんて言葉は意味がないんです、最近行ってないだけで次行かないなんて言ってないので…

私はよく言ってました。最近ギャンブルしていない。

この言葉は周りと自分に対する言い訳です!周りにはギャンブル依存症じゃないアピール、自分には、此処三日は行ってないから最近行ってない事実だから嘘はついていないと納得させるだけの言い訳です。

なので「最近行ってない」って言葉は辞める気がない人の言葉と思って下さい。

こんな言葉ではなく辞めたいと言わせて下さい。

言わせてその上で本気にさせて下さい。

ギャンブルで負けた時は刹那的に誰もが辞めたいと思います。

ですがそんな刹那的な言葉は長くても2,3日で消え去ります。

なのでご友人の方は本気で辞めようと思える方向に持って行って下さい。

具体的な友人の対処法

ギャンブル依存症の友達に対しても離れない選択を取れる貴方は、依存症者本人にとっても身近で、いい意味で遠慮のない関係で、色んな事を一緒に出来る間がらじゃないですか?

私は友人に救われています。少し友人に対して依存するぐらい大切な仲間が居ます。

物理的距離は離れてますし、連絡も頻繁に取る訳じゃないですが今でも心の支えです。

そしてそんなの貴方にはギャンブル依存症者に新しい価値観を与えて下さい。

言い換えれば色んなことして思いっきり遊んで下さい。

遠出して新しい何かを見に行く、バカ騒ぎして本気で笑う、仲間を増やしてイベントに参加するなど、ギャンブルなんかより楽しい事があると教えてあげて下さい。

ギャンブルで狭まった視野を広げさせて下さい。

個人的には海外旅行とかもいいと思います。海外には日本のようなギャンブルはほとんどありません。そして全く知らない場所で全く知らない何かを見る。

そうとうな価値観が生まれると思います。

なので閉鎖された店内でギャンブルに一日使わせないで、無理矢理にでも外に連れ出し、新しい価値観を与えて下さい。

恋人がギャンブル依存症

さて私はこの関係性が一番難しいのではないかと考えています。

ここでの恋人は夫婦も含まれます。

彼氏、彼女、妻、夫。

基本的にこの関係性は支えあいが前提でしょう。

ギャンブル依存症になればはっきり言って、【人】と言う字のごとく、片方が苦労します。

勿論支える側ですね。

友人の時にも言いましたが、はっきり言って離れる事が可能な関係なら離れてもいいと思います。

私はギャンブル依存症の気持ちが分かります。各々多少の悩みの違いはあれど、根本的なところでは同じだと思ってます。

ですが理解できない人には本当に理解できないでしょう。

そしてその理解できない状態の人間とずっと一緒にいる事は相当な覚悟が必要で、相当辛い状態に陥ると思います。

ギャンブル依存症は本人だけでなく周りの人間も不幸にします。

その不幸に貴方まで一緒に不幸になる必要はないかと思います。

それでも支える貴方へ

そう思ってくれる貴方も含め、家族、友人、恋人の皆様はギャンブル依存症者にとって本当に感謝しても感謝しきれない存在です。

私はこれを読んでくださっている方と関わりはないでしょうが、それでも本当に嬉しいんです。

そして支えてくれる恋人は、誰よりも距離が近いんです。

大切な恋人がパーソナルスペースに入り込んで嫌がる人なんて居ないでしょう。

だからこそ恋人には、パートナーには弱みをさらけ出せます。

弱みって何だと思いますか?勿論ですが物理的な弱点ではありません。

恋人が二人きりだと甘えてくるなんて事ありませんか?

言いたくないほどの過去を恋人には話しませんか?

家族にいい歳して甘えたり、友人に言いたくない過去は言いませんよね?

ギャンブル依存症という病気にかかるとかなりの劣等感が生まれます。

自信の喪失で自分の残念さに納得し始めます。

そうなるとギャンブル依存症者から抜け出せないようになります。

恋人の方はこれ以上落ちないように支えてあげて下さい。

具体的な恋人(夫婦)の対処法

支えると思ってくれた恋人の方はまず受け止めてあげて下さい。

辞めたいのに辞めれない、本当に涙が出るほど辛いです。

ギャンブル依存症を自覚しても、まず中々理解されず、ネット内ではギャンブル依存症はクズだなんだと書き込まれ、甘えだ、怠惰だと、そしてその言葉を受け入れてしまいます。

そうなると誰にも話せません。

ですが恋人、パートナーである方なら一番最初に打ち明ける事が出来るかもしれません。

まずその受けあけられた内容を受け止め、敵にならないでください。

怒っても構いません、呆れても構いません、ですが敵にならないで下さい。

敵になり心無い言葉を、信用を超え信頼したパートナーに受けるともう立ち直れない可能性もあります。

下手したら最悪の場合もあります。

支えると決めた方はまず敵にならないで下さい。

その後は相手の行動やお金の管理をしてもいいと思います。

特に既に結婚している場合はギャンブル依存症が治るまでは貴方の管理下で生活する方が本人も安心するかもしれません。

お小遣い制の夫婦も珍しくないですし、一番ギャンブル依存症から遠ざける事が出来るのは恋人や伴侶だと思います。

まとめ

どんな関係性においても、まず本人を辞めたいと思わせる事から始まります。

そしてその辞めたいという言葉にも段階があり、負けた後の刹那的な感情やから、常に辞めたいと思っていても辞めれないなんて状況もあります。

どの段階でもスタートは軽い辞めようかな?なんてものだったりします。

そこに至ってから長ければ長いほど傷は深くなりますので、出来るだけ早く本気で辞めたいと思わせてください。

ですが、まず前提に貴方が出来るだけ被害を受けないようにしてください。

貴方が傷つけば勝手な言い分ですが冷静になった時本人も傷つきます。

なので支えれないと判断したなら、離れる事も考えるべきかもしれません。

当人以上に貴方が不幸になる必要はないと思います。

ギャンブル依存症の方は手遅れになる前に一日でも早く、本気で辞めようとしてください。

キッカケやタイミングは恐らく人それぞれでしょうが、開き直ってその内なんて考えてる方には、その内は訪れないかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました